地震の学理及震災予防に関する事項の研究を掌る。所長は東京帝国大学教授より補任、所員は東京帝国大学教授および助教授その他関係各庁高等

東大 地震 研 教授

  • 地震予知はできるのか? その解明に挑む。 | UTOKYO VOICES 031 | 東京大学
  • NHK そなえる 防災|コラム|執筆者|平田 直
  • 東京大学 竹内研究室 – Biohybrid Systems Laboratory
  • 東大教授がまさかの言い訳「催眠術にかかったよう」 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)
  • INTERVIEW – 堀 宗朗(ほり むねお)教授 | [東大社会基盤学] 東京大学 社会基盤学科/社会基盤学専攻
  • 地震予知はできるのか? その解明に挑む。 | UTOKYO VOICES 031 | 東京大学

    大学院受験の際に研究テーマを決めようと思った中谷は、たまたま『地震の物理』という本に出会った。そこに載っていたのが東大地震研究所所長を務めた茂木清夫教授による世界的に有名な「岩石破壊実験」だった。岩に力を加えると、はじめはあちこち ... ロバート・ゲラー教授 アメリカ・ニューヨーク州生まれ。カリフォルニア工科大学地球物理学科卒。1977年同大学地球惑星科学研究科博士課程修了(博士号修得)。同研究科特別研究員、スタンフォード大学地球物理学科助教授を経て、1984年、東京大学大学院の初の任期無し外国人教官(助教授 ...

    GPS津波計の高機能化へ向けた東大地震研らの挑戦|ニュース/アーカイブ|みちびき(準天頂衛星システム:QZSS)公式 ...

    東大・地震研究所の加藤照之教授らの研究グループが研究プロジェクト「海洋GNSSブイを用いた津波観測の高機能化と海底地殻変動連続観測への挑戦」をスタートさせました。 東京大学 大学院理学系研究科 地球惑星科学専攻

    東大地震研・応用地震学研究室

    2015年ゴルカ地震(ネパール)のページを作りました.(2015-04-25) ラクイラ地震裁判に関する科学技術社会論研究の論文が出版されました.(2015-03-11) Loic Viensが日本地震学会の2014年度学生優秀発表賞を受賞しました.(2015-01-21) 東京大学生産技術研究所(略称生研)は東京都目黒区駒場に拠点を持つ工学を中心とした研究所です。110名を超える教授、准教授、講師のそれぞれが研究室を持ち、国内外から1,000人を超える研究者たちが、基礎から応用まで、明日の暮らしをひらく様々な研究をおこなっています。 東京大学名誉教授で地震学者のロバート・ゲラーさんがtbsラジオの久米宏の番組に出演 ゲラーさんは、地震予知研究や予知を前提にした政府の防災対策を強く批判した 地震学者のほとんどが地震予知はできないことを知っていると暴露しリスナーは驚いた

    NHK そなえる 防災|コラム|執筆者|平田 直

    平田 直 (ひらた なおし) 東京大学地震研究所教授 地震研究所地震予知研究センター長 東海地震判定会委員、文部科学省・首都直下地震防災 ... ―東大地震研究所、平田教授の正体―首都直下型地震4年以内に70%とセンセーショナルな発表を主導した平田教授が週刊文春の取材に対しオフレコ発言。 「数字はヤマ勘、書くなよ。」やはり研究費目的の不安商法でした... 山下 恭弘 准教授の執筆した記事が東京大学新聞に掲載されました。 August, 13th, 2015 読売新聞夕刊 <駆ける>に、小林 修 教授の紹介記事が掲載されました。 July, 2015 理学部ニュースに、フロー法による医薬品の合成についての記事が掲載されました。 June ...

    村井俊治 (@sh1939murai) | Twitter

    The latest Tweets from 村井俊治 (@sh1939murai). 村井俊治(しゅんじ)、昭和14年生まれ、80才、東京都出身。専門は測量、空間情報工学。海外渡航370回、訪問国60カ国。教育・研究に50年従事。地震予測の研究は後半生の仕事。スポーツ・料理が趣味。人生元気にたのしく。 上田誠也東大名誉教授に聞く. 記事を読み、内容をまとめてみました。 ・内閣府の調査部会(座長・山岡耕春名古屋大教授)は2013年5月の報告書で「現在の科学的見地からは地震の規模や発生時期を高い確度で予測することは困難」との見解を公表。 M7級首都直下地震、4年内の発生確率が70% …東大地震研 msn産経ニュース、読売新聞 1月23日(月) 記事引用> 首都直下地震など、マグニチュード(M)7クラスが懸念されている南関東での地震について、今後4年以内に発生する確率が約70%に達する可能性があるとの試算を、東京大地震研究所の ...

    “灘中→麻布高校→東大”で、抱き続けた劣等感 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

    東京大学地震研究所の准教授だった都司嘉宣(つじ・よしのぶ)さん(68)が、自らのキャリアを振り返った。長年にわたり、津波や歴史地震学 ... ライフ ライフ pr 記事詳細. 文字の大きさ 小 中 大 印刷 2015.5.18 10:30 更新 首都圏の大地震…生きてる間に1度は発生 平田直・東大地震研教授に聞く

    ロバート・ゲラー - Wikipedia

    現在、東京大学 名誉教授。 主要研究テーマは、地震波動論及び数値シミュレーション、地球の3次元内部構造、地震予知の可能性の有無。論文では地震予知研究の問題点を指摘し続けている。 東京大学のオフィシャルサイトです。大学案内、学部・大学院等の紹介、研究活動・国際活動、入学案内等、東京大学の ... 東大地震研究所と言えば地震研究の最先端... そこの教授が発表した... 《M7以上の首都直下型地震が来る確率は4年以内に70%》 というのは衝撃的だ... テレビも週刊誌も大騒ぎで... すぐにでも来る話になってしまっている... 首都圏...

    東京大学 竹内研究室 – Biohybrid Systems Laboratory

    当研究室は、マイクロ・ナノデバイス技術を異分野に応用することで、新しい研究分野や産業を創出することを目指しています。機械、電気、情報、生物、化学、材料など様々な分野をバックグランドとする研究者がマイクロ・ナノのモノづくりを通して、生命科学や環境、情報通信の世界に ... 東大地震研堀教授グループは㈱パスコの3次元都市データを使用した画期的な高精度地震災害 予測シミュレータシステムを開発しました。 今回開発したシステムは,震源断層から都市各地点までの地震波伝播過程,各種構造物の地

    asahi.com(朝日新聞社):「数キロ内陸まで津波」 東大地震研・佐竹教授 - 東日本大震災

    被災から一夜明けた12日朝、インド洋大津波など津波の調査経験が豊富な東京大学地震研究所の佐竹健治教授(地震学)が朝日新聞社機「あすか ... 2月6日の徳島県南部の地震、同17日の東北地震などを次々に的中させた東大名誉教授の村井俊治氏(75)。 自身が顧問を務める地震科学探査機構 ... winシステムは、多チャネルの地震波形データを取り扱うための処理システムで、 unix上で動作する多くのプログラムから構成されています。 winシステムでは winフォーマット と呼ばれるデータフォーマットを定義しています。

    eri.u-tokyo.ac.jp - 東京大学地震研究所

    地震研概要 . 当研究所では地震・火山活動や地球内部における諸現象の科学的解明、災害の軽減を目指し研究・教育を進めています ... 原田 智也特任助教、西山 昭仁助教、佐竹 健治教授、古村 孝志教授らが日本地震 ... 東京大地震研究所の 佐藤比呂志教授(構造地質学)は28日、東京都立川市などで行った活断層「立川断層」の掘削調査で、地下に埋め込まれた ... 東大地震研究所、田中宏幸教授の経歴や今後は?ミュー粒子による火山のレントゲンで噴火予知?著書も気になる!【夢の扉+】 スポンサードリンク. 職場に鹿児島県出身の方がいて話しているうちに、そういえば! 先月桜島って噴火しましたよねって!すっかり忘れていました。 ごめん ...

    京大教授が警告! 20年に首都直下地震の衝撃データ | FRIDAYデジタル

    20年に首都直下地震の衝撃データ 東大出身、元通産省官僚の鎌田浩毅教授の授業に潜入撮 京大教授が警告!20年に首都直下地震の衝撃データ 東大出身、元通産省官僚の鎌田浩毅教授の授業に潜入撮 鎌田浩毅教授は地震や火山についてだけではなく ... 日本地震学会会長・加藤照之東京大学地震研究所教授 への公開質問状 以下の質問1 と2 は原子力規制委員会委員長代理の前会長島崎邦彦先生に回答をお願いしたものです が、未だに回答が得られません。現地震学会会長にも改めて質問させて頂きます。 質問1

    東大教授がまさかの言い訳「催眠術にかかったよう」 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

    立川断層は、首都圏に震度7の直下型地震を引き起こす活断層とされる。3月28日、ここの調査をめぐり東京大学地震研究所が異例の記者会見を開い ... 東大教授6人が論文捏造!? 日本医学界の「最高峰」で起きていること だから医者の出す薬は信用できない

    東京大学総合防災情報研究センター

    学内放送設備を用いた緊急地震速報の伝達 cidirでは地震研と共同で、学内の非常用放送設備向けに、巨大地震の緊急地震速報を適切に伝達可能な新しい放送用装置を開発した。本装置は、既存の多くの放送設備に接続可能で、これを用いることにより、学内 ... - 1 - 地学教育研究集会(2019.08.24 25 ;東大地震研)プログラム. 減災・防災の徹底に向けた地学教育の展望と課題 -北海道胆振東部地震など現場からの直接フィードバック- 活断層による地震の規模を予測する計算手法について、4月の熊本地震の観測データを基に妥当性を検証したところ、政府の地震調査委員会が2006 ...

    東大名誉教授が南海トラフ地震予知。3月までに巨大地震は来るのか? | オールミーネット

    東大名誉教授の村井俊治氏が、2014年3月までに南海トラフ地震が来ると警告している。果たしてその予想は当たってしまうのか??村井氏の経歴などを含め、まとめてみた。 村井俊治 昭和14年9月19日生まれ 東大地震研究所が「新たな活断層を確認した」と発表していた根拠だったはずの石が、じつはコンクリートの塊だということが分かり、発表内容 ...

    研究所の人々 – 東京大学地震研究所

    所長:佐竹 健治 事務長:吉澤 邦夫 副所長:新谷 昌人・岩森 光. 数理系研究部門 4. 佐藤壮・篠原雅尚・末広潔・B. Y. Karp・R. G. Kulinich・伊勢崎修弘,エアガン海底地震計探査による日本海北大和トラフのP波速度構造,地震2,53,337-356,2001 研究代表者である東大地震研の加藤照之教授は、「国土地理院が整備したgeonetは、地殻変動観測に革命的な成果をもたらした。これを海上にも展開し、陸(海底)・海(波浪や津波)・空(水蒸気量)・宇宙(電離層)の状態を総合的に把握する観測 ...

    INTERVIEW – 堀 宗朗(ほり むねお)教授 | [東大社会基盤学] 東京大学 社会基盤学科/社会基盤学専攻

    堀 宗朗(ほり むねお)教授 1961年生まれ。Ph.D.(Applied Mechanics)。専門は応用力学、地震工学、計算工学。主な研究テーマは統合地震シミュレーションの開発や超高層ビル等の構造物モデリングなど。JACM Award for Computational 東大地震研の纐纈一起・教授は「科学としての地震学の限界を感じた」と話す。 埋もれている超巨大地震・大津波の痕跡を探せ! 一方で ... 東大名誉教授の村井俊治氏の2016地震予測・予知情報です.南海トラフや東海地震などへの見解も気になりますね. 東大村井教授の2016地震予知!南海トラフや東海地震への見解は. 東大村井教授の見解を知るには; 2016年の地震予知予測

    地震火山情報センターホームページ

    --> 学内ネットワークによる緊急地震速報の提供開始について[2011/04/20]--> 佐竹教授(地震火山情報センター長)が米国地球物理学連合(agu)フェローとして表彰されました.(2010/12/15)--> 2009年8月の駿河湾の地震--> 2008年5月の茨城県沖の地震活動 東大地震研の火山噴火予知研究センター、前野深准教授は14日午前と午後の2回にわけて、南西側付近からドローンを飛ばし ...

    ロバートゲラー教授の話し方はアレでも地震予知は100%できまふぇん! | ベスト4U

    東京大学大学院で地震を研究しているロバートゲラー教授。 東京大学は地震に対する学問がさかんなことで有名ですが、ゲラー教授は他の教授と違い真っ向から地震なんて絶対予知できない!という強気の持論を持ち続け今回の熊本地震でも断言しています。 東京大学地震研究所 災害科学系研究部門 応用地震学研究室 教授 纐纈 一起 (こうけつ かずき)

    Welcome to OKI's Website | 慶応SFC 大木聖子のブログ

    地震や津波のメカニズムを知ることと,それに具体的にどう備えたらいいのかを知ることとは別です.さらに言えば,備え方を知ったとしても行動を起こさなかったら,何も知らないのと変わりがない,というのが防災です. 続きを読む → 地震の発生確率とは何だろうか?その含意を理解するのは難しい。⇒2012年2月 6日 (月):地震の発生確率の伝え方⇒2011年5月12日 (木):地震の発生確率の意味/やっぱり菅首相は、一刻も早く退陣すべきだ(26)「週刊文春120216号」に、『東大地震研 平田教授の「正体」』というセンセーショナル ...

    東京大学地震研究所 - Wikipedia

    地震の学理及震災予防に関する事項の研究を掌る。所長は東京帝国大学教授より補任、所員は東京帝国大学教授および助教授その他関係各庁高等官の中より補任、助手5人、書記1人。仮事務所を東京帝国大学工学部船舶工学教室附属バラックに設置。同年12月 ... 地震予測を研究している村井教授が熊本地震の予測が出来ず、「救いたいって言ったのに救えなかった」と泣いておられるのを見て、胸が詰まる思いだった。地震予測は様々な懸念があり慎重にならざるを得ないけれど、こういう人にこそ出資が必要だと ... 京都大学防災研究所の教員や研究者のページです。京都大学防災研究所は地震、火山、地盤、暴風、豪雨、津波、高波などの災害に対しての防災研究を行っています。



    地震研概要 . 当研究所では地震・火山活動や地球内部における諸現象の科学的解明、災害の軽減を目指し研究・教育を進めています . 原田 智也特任助教、西山 昭仁助教、佐竹 健治教授、古村 孝志教授らが日本地震 . 映画 仮面 ライダー 響 鬼. 所長:佐竹 健治 事務長:吉澤 邦夫 副所長:新谷 昌人・岩森 光. 数理系研究部門 地震の学理及震災予防に関する事項の研究を掌る。所長は東京帝国大学教授より補任、所員は東京帝国大学教授および助教授その他関係各庁高等官の中より補任、助手5人、書記1人。仮事務所を東京帝国大学工学部船舶工学教室附属バラックに設置。同年12月 . 2015年ゴルカ地震(ネパール)のページを作りました.(2015-04-25) ラクイラ地震裁判に関する科学技術社会論研究の論文が出版されました.(2015-03-11) Loic Viensが日本地震学会の2014年度学生優秀発表賞を受賞しました.(2015-01-21) 山本 均整 院. 被災から一夜明けた12日朝、インド洋大津波など津波の調査経験が豊富な東京大学地震研究所の佐竹健治教授(地震学)が朝日新聞社機「あすか . 平田 直 (ひらた なおし) 東京大学地震研究所教授 地震研究所地震予知研究センター長 東海地震判定会委員、文部科学省・首都直下地震防災 . 堀 宗朗(ほり むねお)教授 1961年生まれ。Ph.D.(Applied Mechanics)。専門は応用力学、地震工学、計算工学。主な研究テーマは統合地震シミュレーションの開発や超高層ビル等の構造物モデリングなど。JACM Award for Computational 現在、東京大学 名誉教授。 主要研究テーマは、地震波動論及び数値シミュレーション、地球の3次元内部構造、地震予知の可能性の有無。論文では地震予知研究の問題点を指摘し続けている。 学内放送設備を用いた緊急地震速報の伝達 cidirでは地震研と共同で、学内の非常用放送設備向けに、巨大地震の緊急地震速報を適切に伝達可能な新しい放送用装置を開発した。本装置は、既存の多くの放送設備に接続可能で、これを用いることにより、学内 . 土 人 とは. The latest Tweets from 村井俊治 (@sh1939murai). 村井俊治(しゅんじ)、昭和14年生まれ、80才、東京都出身。専門は測量、空間情報工学。海外渡航370回、訪問国60カ国。教育・研究に50年従事。地震予測の研究は後半生の仕事。スポーツ・料理が趣味。人生元気にたのしく。 東京大学地震研究所の准教授だった都司嘉宣(つじ・よしのぶ)さん(68)が、自らのキャリアを振り返った。長年にわたり、津波や歴史地震学 .